2018年7月13日金曜日

「計画性と逆算する力」

こんにちは。
学習塾FLAPS鶴川校の内田です。

暑い日が続いていますね。
熱中症などにならないよう、こまめに水分補給をしましょう。


本日は、「計画性と逆算する力」についてお話ししようと思います。



特に、中学生のテスト勉強について当てはまることかと思いますが、


中学生のみなさん、

「テスト勉強、計画的にできていますか??」


テスト前というと、

2週間前にテスト範囲表が配られ、

提出物を終わらせ、

中間考査なら5教科、

期末考査なら9教科分のテストに備えて勉強していく期間です。


テスト後のよくある反省として、

「もっと早めから準備しておけばよかった・・・」

「提出物に時間がかかりすぎて、テスト勉強に時間が取れなかった・・・」

などがあります。

そうならないために、FLAPS鶴川校では

少なくてもテストの3週間前から準備を始めていくように指導しています。



もし、あなたが9教科全てのテストで満足いく結果を残したいのであれば、

「計画性と逆算する力」を磨いていく必要があります。



それは、毎日の予定をきっちり決めなさいということではありません。


その日に勉強する教科は、その日に決めれば良いと思います。


考えるべきことは、

いつまでに、何を、終わらせるのか

どの問題は解けて、どの問題が解けないのか

どの用語は覚えていて、どの用語は覚えられていないのか

以上のようなことを、
具体的に把握し、逆算し、計画的に勉強を進めることが大事になってきます。




スポーツなどでもそうですが、学習において大事なことは、「反復すること」です。

最初は上手く出来なくても、繰り返し練習していけば必ず上手く出来るようになります。


それを決められた期間内に、いかに計画的に進められるかがポイントになるのです。



「なぜ勉強をするのか?」


私は、今回のテーマがこの問いの答えのひとつでもあると考えています。


将来の仕事に直結する大切な力です。


一人では、

「どう考えていけばいいのか」

「何を、どう決めればいいのか」

迷ってしまうこともあるかもしれません。


だから、私たちがサポートします。

自分で考え、自分で計画し、実行できるように導いていきます。



勉強を通じて、「計画性と逆算する力」を磨いていきましょう。