2016年11月18日金曜日

意外な勉強法!?

こんにちは。

FLAPS鶴川校の内田です。


今回のブログでは、ちょっと変わった(?)勉強法をご紹介したいと思います。



その方法とは、ズバリ、


「人に勉強を教える」



です。















となりますね。



「教えるよりも教えてもらった方が出来るようになるじゃーん!」

と思った人もいるかもしれません。




どういった事かというと、



皆さんも経験があると思うのですが、

人に何かを教えたり、伝えたりすることって案外難しいなぁと思ったことってありませんか?



もし、一回も教えたことが無いという人は、是非やってみて下さい。



自分では分かるけど、それを他人にも分かるように説明するって結構難しかったりするんですよ。





説明をするためには、自分がそのことについて完璧に理解していないとできないものなのです。


「なぜ、こうなるのか」

を説明できるレベルまで自分の中に落とし込むこと。


それが出来て、初めて人にちゃんと説明できるんですね。






簡単に言うと、

これが「先生」と「生徒」の違いです。


これが「100点」と「80点」の違いです。



もっと言うと、

これが「基本問題を解ける人」と「応用問題まで解ける人」の違いです。









では、話を戻すと、

人に勉強を教えるというのは、すごく良い勉強法だと僕は思っています。


なぜなら、

成長するのは、勉強を教えてもらう人ではなく、勉強を教える人だからです。





上でも述べた通り、人に説明するためには、そのことを完璧に理解しなければいけません。


つまり、人に教えるために、まず自分が完璧に理解しようという思考が生まれます。




これは、自分ひとりだけの勉強だけではできない貴重な経験です。



きっとこれは勉強だけではなく、スポーツや習い事など、いろんなことに共通してると思います。







基本問題は分かるのに、応用問題になると分からない人


なんとなく分かるけど、何かすっきりしていない人



ぜひ試してみて下さい。




人にそのことを説明して(教えて)みて下さい。


もしかしたら、何かヒントをつかめるかもしれません。