2016年1月24日日曜日

TUNAGO

こんにちは。
学習塾FLAPS鶴川校です。

みなさん、こんな鉛筆削りをご存知ですか?



「TUNAGO」と書いてありますよね。


これ、短くなった鉛筆を文字通り、つなぐことができるんですね。



「TUNAGO」の下に鉛筆が二本あります。

生徒さんの努力の結晶「短くなった鉛筆」がこうなります!


合体して、また使えるようになりました。



がんばって勉強したから短くなった鉛筆を、そのまま捨てるのもなんだか、

忍びないなととっておくご家庭もおありではないでしょうか?

わたしも子供のころ、短い鉛筆がたまってたなーと思います。

その鉛筆を使い続ける子もいますが

短いと使いづらく、鉛筆の持ち方を崩す原因にもなります。

一度、身についた習慣を変えるのはとても難しいことです。

だから、短い鉛筆はできるだけ、使うことを避けて欲しいところです。

でも、使いたい子もいるんですよね。

なぜなら、がんばったから短くなっている。

それだけ、長く使っていると

愛着がわいてしまうと思うんですよね。

そんな

生徒さんの努力の結晶「短くなった鉛筆」

をまた使えるようにするのがこの「TUNAGO」という鉛筆削りです。


「捨てるものを少なくする。使えるものを長く使う。まずは鉛筆から。
まわりのものがより愛おしく感じてきます。」