2015年12月25日金曜日

適度な理不尽さ

こんにちは、学習塾フラップスの、金田です。



クリスマスには様々な思い出がありますが、幼いころのことをよく思い出します。


どこへ行くにも私の親が一緒に来てくれて、持っていくものも準備してくれた・・・

何か決めなければならないときも、必ず後ろで見守って、どうしようもないときにはそっと手を貸してくれました・・・







しかし、私もいつしか大人になり、自分ひとりで考えて行動しなければならない瞬間をいくつも超えてきました。






生徒たちも、いずれは大人になり自らを律しなければならないときがやってきます。

その時に、自分で考えて行動できない人になってほしくない。



面談をしていても、



自主性を育てたい。

自分で考えて行動できる子になってほしい。



そのような思いを持たれている保護者様が非常に多いように感じられます。


自主性がないということは、困難(思い通りいかないとき)を前にしたときに自ら進んで乗り越える!という気持ちをもつことが難しくなるということです。



どうしてもやりやすい方向へ流されてしまう。

最初に決めたことをやりきれない。




そのような大人になってほしくない。



思い通りにならないその瞬間こそが、そのような大人に成らない為の成長の機会なのではないでしょうか





できない理由に目を向けて、すぐに諦めて言い訳をしてしまうのか、どうしたら乗り越えられるか考えて行動に移すのか・・・




行動の積み重ねが習慣となり、自立の糧になります。




宿題をやりきれない小学生の頃から、やりきる習慣を積み重ねてあげたい。

やがて自立しなければならない状況が訪れたときに、大変な想いをしてほしくないから。




きっときちんと自立した習慣を備えて歩き出して、初めて親御さんのありがたみがわかるんですね。






…という私も日々勉強です。





共に学び成長していきたいと思います。