2015年10月30日金曜日

睡眠の効果!!

こんにちは。
学習塾FLAPS鶴川校です。



皆さんはいつも何時に寝ていますか?


実は、子どもたちの寝る時刻を40年前とくらべると、

1時間30分も遅くなってしまっているそうです。


では、いつも何時間くらい眠るのがいいのかというと、



だいたい小学生であれば10時間

中学生でも約9時間くらいの睡眠が必要だそうです。




ただ、あれもやりたいし、これもやりたいし、眠るのがもったいないと思った事はありませんか?

私もそう思ったことがあります。そして、「睡眠は必要なのかな?」と疑問に思ったこともありました。

色々と調べてみると、その昔に「眠らない」実験が行われていたことがわかりました。


1964年、アメリカの少年が11日間眠らなかったという記録があり、これが世界記録だそうです。日本では、1966年に23才の男性の101時間830秒間という記録があります。

ただ、眠らないことで何が起こったかというと3日目には自分で起きていられなくなり、まぼろしを見たり、錯覚が起こったりしたというのです。

怖いですね。どうしても人間には、睡眠が必要なようです。



寝不足だと

ぼーっとしたり、イライラしたり、元気がなくなったりしますよね。

これは、脳の感情や思考を受け持っている大事な部分(大脳)が疲れてしまっている状態です。



つまり、睡眠は「脳」を休ませるために必要なのです。

実は脳という場所は、体の中でいちばんエネルギーを使うところです。

静かにしていても、全身で使うエネルギーの18%も消費しています。

また、「成長ホルモン」という、「体」を作ることを促すホルモンを出しています。

この成長ホルモンが足りないと、骨や筋肉の成長が遅くなってしまいます。

この様なことから、睡眠で、脳を休ませることが大切であることがわかるかと思います。

「寝る子は育つ」というのは、科学的にちゃんと説明されていることなんですね。


しかも、睡眠が「脳を休ませる」ということは、勉強にもとても関係があるんです。


例えば、無意味な単語を深夜に覚えてすぐに寝て、

一定時間後にどれくらい覚えているかを調べたら、

8時間後でも半分は覚えている。

しかし、昼間に同じ単語を覚えて、

寝ずに8時間経過すると、

9割も忘れてしまう。


つまり、覚えてすぐに脳を休ませればその間に記憶が定着しやすいのです。

そもそも、脳が疲れてしまっていたら、勉強なんてはかどらないですよね。

十分に脳を休ませ、勉強をはかどらせる上手な睡眠の取り方は、

まず、寝る前に興奮することはしないこと。

寝る直前のテレビゲームは厳禁です!

そして、部屋の電気は暗くすること。

目を閉じていても光を感じるので脳への刺激になり、脳の休憩になりません。

そして、朝起きたら太陽の光をあびること。

こうして体のリズムをしっかり作れば、夜更かしせずに眠くなるはずです。


脳も体も元気になって勉強もはかどるでしょう!






2015年10月17日土曜日

休校のお知らせと整理整頓

こんにちは。
学習塾フラップス鶴川校の伊東です。
休校のお知らせです。

休校期間

10/18(日)~10/25(日)

まで講師研修のため、平日は授業がお休みになります。
この期間は自習の開放も実施しておりません。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

***************
今日は整理整頓の重要性についてお話したいと思います。
では、一つご質問です。

お子さんのかばんの中はどのような状況でしょうか?

たとえば、



















これはちょっとやりすぎですが、カバンの中身がこのようになっていたりしないでしょうか?

生徒のカバンを見ていると、よくこれにちかい状況を見ます。

カバンの整理整頓は、学習と非常に深い関係があり、

なぜかというと、学校ではよくプリントが配られています。

そのプリントの内容が、テストに出ることがよくあります。

いざ、テスト勉強をしようとしたときにそのプリントがカバンの中に埋もれている。

カバンが整理されていない場合、

探すその時間が無駄 になります。
そもそも見つけられない場合 もあります。

テストの点数はあがるでしょうか?

答えは容易に想像できます。

さらに言うと、

授業で習った内容も、復習することが難しくなります。

理解するとは、頭の中を整理整頓することだと思います。

頭の中にタンスみたいなものがあるとすれば、

どこに何が入っているかわからない状態です。

その状態でテストの答えを、頭のタンスの中から見つけられるかと言うとやはり難しいと思います。

なので、フラップスではカバンの中身を整理させることもしばしばあります。

もし、お子さんのカバンの中身がぐちゃぐちゃであれば

それは危険信号かもしれません。


2015年10月9日金曜日

小学生の勉強習慣

こんにちは。
学習塾FLAPS鶴川校です。



今回のブログは、「小学生の勉強習慣」についてです。



断言します。


中学生の勉強は、小学生の勉強によってつくられます。




それは、なぜか?





まず、教科ごとの理解度です。


算数でいうと、かけ算ができなければわり算はできませんよね。


国語でいうと、漢字が読めなければ文章は読めませんよね。



勉強は積み重ねです。


前の学年でやったことが、次の学年に活かされていきます。



「分からない」をそのままにすると、その次の勉強が苦しくなる。


「分からない」を小学生のうちに無くしておくか、中学生になるまで放っておくかはとても大きな差になります。



しかし、それより大事なのが、










「勉強習慣」

です。



ポイントは、「時間は短くても、毎日やる」ということです。

それを習慣化し、やらないと気持ち悪い状態をつくること。


これが大事です。







例えば、歯磨きです。



多くの人にとって、歯磨きは習慣化していますよね。

やらないと、すっきりしない。気持ち悪い。

そんな状態にすることが理想です




では、その習慣をいつ身に付ければ良いか。


これも、歯磨きを例にとると、分かりやすいと思います。



答えは、「早ければ早いほど、良い」ということです。



大人になってから、「歯磨きは毎日するものだよ」と言われてもピンときません。


それと同じです。




今までしてこなかったことは、その人にとって当たり前のことではないからです。





逆に、「勉強は少しでも良いから毎日するものだよ」と小さい頃から当たり前のことと思っていれば、それはその人にとっての当たり前になります。



これはその人の大きな武器になります。



習慣がついていれば、机に向かいます。


机に向かえば、「分からない」を解決できる時間がつくれます。




もちろん、「理解度」と「習慣」どちらも大事です。





しかし、習慣は一生ものです。





小学生のうちから、毎日少しずつでも机に向かうクセをつけましょう。




それが、あなたの大きな武器になるはずです。

prof_uchida.jpg (649×130)

2015年10月8日木曜日

来月11月は、無料イベント月間です!

こんにちは、フラップス本部の櫛田です。


あっという間に10月に入り、
今年も残す所あと3ヶ月を切ってしまいましたね。


フラップスの各教室では、「受験まであと〇〇日!」の掲示も貼りだされ
本格的に迫る受験も
いよいよリアルに感じられるようになってきたのではないでしょうか。




先日、本部の整理をしていた際に
フラップスのサマーキャンプのテキスト予備が
合宿用の荷物コンテナから出て来ました。



改めて見ると…すごい厚みだなぁと・・・



「みんな、これを2泊3日でやりきったんだね…」と思わずつぶやくと、

一緒に片付けをしていた講師も、
(町田鶴間校・通称、阿修羅
 ※フラップス1コワ~いことで有名な講師、生徒さんや保護者の方から
 親しみを込めてそう呼ばれています…!!
 保護者の方からも、かなりの人気講師です!!)


「あの子たち、ほんと良く頑張ったんですよ…」
感慨深そうに話していました・・・!


この夏に、目一杯頑張って自分の力以上の力を出し切った!という経験が、
自信に繋がり、そして、目指す結果に導いてくれる事を願うばかりです。





************************************************


さて、来月11月は、
【フラップス 無料イベント開催月間】です!

小学生向けには、2つのイベントを開催します!

おり紙とはさみを使って
楽しみながら空間把握能力を鍛えるワーク、
【チョキチョキペーパー】というイベントと、

フラップスのオリジナルワーク
第二回「ドリームプランニング」
【カレー屋さんの店長さんになって、仕入れから販売のしくみについて学ぶワーク】
を開催します!




また、中学生向けのイベントとして

フラップスオリジナルワーク
第二回「GOプラ!(合格プランニング)」では

【自分を知る】ための自己分析ワークを行います。


毎回、保護者の方にも人気のワークで、
中学3年生は面接対策に、
また中学1・2年生は高校の調べ方等を中学生向けに詳しく説明します。




詳細については、HPやこちらのブログで再度告知させていただきます!
(フラップス塾生の皆様へは、お知らせを配布させていただきます)

お友達を誘ってのご参加、大歓迎です。
お気軽にお問合せください。








2015年10月2日金曜日

なぜなぜとこうどう

こんにちは。学習塾FLAPS鶴川校です。

10月半ばより、小林先生の授業を受け持たせていただく金田です。


生徒の皆さんとはお話したり、様子を見させてもらいましたが

本当にどこよりも「素直な生徒さん」が多いなと思います。

これからどうぞ、よろしくお願いします。



さて、今日のブログは

why?


についてです。


FLAPS における5つの根、世間一般でいうPDCAサイクルは

全てwhy ?から始まります。

なぜだろう?→どうしたらうまくいくだろう?

この→の変換の連続性=習慣形成が、FRAPSの存在価値といっても過言ではありません。


例えば名だたる歴史に残る人物達も、

リンゴが木から落ちたとき、ニュートンはwhy?から万有引力の法則を導き

出したと言います。

身近な勉強に置き換えても同じことです。


例えば英語の長文読解中に、わからない単語や熟語に当たった時、

共通するのは、困難に遭遇したときに、あなたが、私が、

なぜだろう→どうしたらできるのだろう?


と、考え、乗り越えられるかどうかです。


その瞬間を見て、鍛えて行くことが、私達がFLAPS であるゆえんです。

どうか、共にがんばっていきたいと思います。


では、また、次回!