2015年9月27日日曜日

エビデンス~主観的教育を客観的に~

こんにちは。
学習塾フラップス鶴川校です。

今日のブログは、「科学的根拠」(エビデンス)の大切さです。



-------------------------------


私たちは、日々、生徒の成績をあげるための方法を考えています。

小中高の先生方も、保護者の皆様も同じだと思いますが、

かいつまんでフラップスのスタンスをお伝えすると、

私たちは、特に

「習慣」

を大事にしています。

自主性、計画性、行動力、礼儀、生活習慣、聞く態度、物事の正確さ、時間、質問力、分析力

などと言ったことです。

言い換えると、

「やる気を育てる」

と言うことかもしれませんが・・・。


では、やる気ってどうやって育てましょう?

今日のテーマ「科学的根拠」エビデンスが大事だと思います。

エビデンスとは、

ある取り組みに対してしっかりと効果測定をし、
数字で表し、効果のあるないを主観に頼らずに判断しよう。

ということです。

すでに、そのような実験は世界各地で行われているそうです。

そして、今日、お伝えしたいのは一つの実験であり、

その実験から「情報」の重要性をお伝えしたいと思っています。

アメリカのテネシー州で小学生対象に行われた実験では、

ある情報を伝えるだけで

たった五ヶ月で、少人数教育を上回る学習効果が出たそうです。

つまり、少人数教育や子供手当てのようにお金をかけても問題は

解決しないと言うことです。




では、その情報とは?





「勉強をがんばることにより、生涯年収が変わる。」

という事実です。

それをより具体的に伝えることで学習効果が上がったのです。

以下のような内容です。

「高卒と大卒では、生涯年収の差は一億円。年末ジャンボでこの額を当てる確率は、




1000万分の1。

そして、交通事故でなくなる確率は1万分の1

航空事故は20万分の1。



そう考えると、1億円を当てるのは不可能だが、そんなことを夢見なくても

大学へ行くだけで1億円多く稼ぐことができる。」



この成果は、科学的根拠「エビデンス」によると、

少人数教育よりも優れているのです。







2015年9月11日金曜日

全力を出して負けた回数が一つの誇りです!

こんにちは。

学習塾FLAPS鶴川校です。

皆さんは、今までを振り返ったとき

「後にも先にも、あんなにがんばった経験はない」



と言い切れる経験はおありでしょうか?



これは一つの言葉のあやで、そう思っていたことも

成長とともに

「案外、そうでもなかったかも…。今のほうががんばってるかも…。」

と、普通はなっていくものです。


今日はお伝えしたいことは、


「全力を尽くすことが大事だよ。」

ということです。



たとえば、世の中って(今年27歳でそれほど人生経験はないんですが…)



学生時代は、プロセスを大事にされがちですが、

大人になってからは、結果を求められます。



この違いはなんでしょう?
どっちが大事なんでしょう?








結局、どっちも大事なんですよね。

ただ、間違えちゃいけないことが一つ。

それが、さっきの

「ベストを尽くしたか?」

言い換えると、


「悔しくて、もうなんかいろいろわかんなくなって泣き叫んだ。」


そう!その回数が、あなたの成長ではないですか?

ということです。


さらに言うと、

「努力すれば夢は叶う。」

という言葉ありますよね?

実は、世の中では成功者の言葉しか残らないので、「やればできる」

という言葉が格言になっています。



ただ、厳しい話をすると現実、夢を叶えることは、困難な道だらけです。

叶えるための努力は想像してもしきれません。


やった分、がんばった分、見返りなんて決まってないんですね。


でも、こう思います。

何かに全力で向かっていたその日々は確かに皆さんが



輝いて生きていた日々ではないでしょうか?



そして、その日々はなかなか得難い宝物ではないでしょうか?

この高校受験に向き合ってきた日々こそが、

これから、夢や目標に向かっていく、

困難に立ち向かっていく糧になっていくと思います。



フラップスの講師は、これからもみなさんと一緒に、

目標に向かい、共に成長し、歩んでいきたいと思っています。




2015年9月4日金曜日

たかが妄想(もうそう)・されど妄想(もうそう)

いつもお世話になっております。


FLAPS鶴川校の内田です。





さぁ約1ヶ月半に及ぶ夏休みはあっという間に終わり、2学期が始まりました。

2学期はイベントが盛りだくさんですね。


学校によって様々かと思いますが、


修学旅行

運動会

文化祭

合唱祭

職場体験


などなど。





いつも言っていますが、今という瞬間は一度きりです。

思いっきり楽しんだり、夢中になったり、全力でやりきって欲しいと思います。



さて、本日は「イメージ力」について少しお話したいと思います。









イメージ力?















はて?



これが、ものすごく大事なんです。



勉強にとって?


いやいや、人生において大事です。



ぞくにいう「引き寄せの法則」とよばれたりもします。


身近な例でいくと、スポーツ。


例えば、あなたが今度の日曜日にサッカーの試合があるとする。

あなたは、その試合に絶対に勝ちたい。


どうしますか?










うん、練習しますね。

どうやって?











はい、ここが分かれ道です。


「とにかく練習する」
もちろん、良いと思います。

ただ、

目的は試合に勝つことですね。



つまり、「どれだけ勝つことを意識して練習できるか」が大事なんです。












この時、必要なのがイメージ力です。

どれだけ対戦する相手をイメージしながら練習できるか。

1人でシュート練習ばかりしていても、試合では活躍できませんよね。

実際に相手をつけて、練習をする。

そんなシュート練習が試合に活きてくるのです。






もちろん、これは勉強も同じです。

中学生の皆さんは、一か月後に中間テストがありますね。

あなたはこのテストで、夏休みの努力の成果を見せたい。

さぁ、どんな勉強をしますか?

ものすごくイメージしてください。

どんな問題が出るのか。

どんな聞かれ方をされるのか。

どう答えればいいのか。

そのための準備がテスト勉強です。

「教科書を読んで、ノートにまとめる」

これは、テスト勉強であるようで違います。

ただ、書けば答えるようになりません。

ただ、覚えれば答えるようになりません。


問題に答えること・正解を書くことが出来る準備をすることがテスト勉強なのです。

イメージして下さい。

スラスラと問題を解く自分を。

イメージして下さい。


「夏休み頑張った成果だー!」















・・・



と笑う自分を。

あとは、そのイメージに従った行動をしていくだけです。






みなさん、「イメージ力」を磨いていきましょう。



これは、人生のいろんな場面で私たちを助けてくれます。

prof_uchida.jpg (649×130)