2014年12月2日火曜日

大盛況!「Bダッシュ」&「G(字)ダッシュ」

こんにちは。
FLAPS鶴川校の内田です。



今回は、先日11月23日(月・祝)に行った、

マス計算を解いて、解きまくる企画
「Bダッシュ」のイベントの報告をさせて頂きます。



塾生のみんなも、その兄弟も、友達も・・・大盛況でした。


今回のイベントのメインとなるのは、
百マス計算演習、その名も「Bダッシュ」でしたが・・・

その前に、今回、初企画の「G(字)ダッシュ」をやりました。

「G(字)ダッシュ」とは、
決められた文字から始まり、
決められた文字で終わる言葉を見つけるアクティビティです。

低学年から高学年まで、学年も性別もバラバラなチームが一丸となって、頭をフル回転。

例えば、

「さ」から始まって、「と」で終わる言葉
「き」から始まって、「よ」で終わる言葉 、などなど。

みんな、一生懸命考えてくれました。




さて、頭の体操も終わったところで、
いよいよ「Bダッシュ」。


低学年は、たし算、ひき算
高学年は、たし算、ひき算、かけ算まで。


ストップウォッチを片手に、

10問、20問、30問・・・
40問、50問、60問・・・





みんな、すごい集中力でした!

計算を繰り返すことで、
最初に解いた時よりスピードが速くなっている子もたくさんいました。


次々と問題を解いて解いて・・・解きまくる!生徒たちの勢いに
先生たちも押されっぱなしでした。

祝日で、学校が休みのところ、
イベントに足を運んでくれたみんな、ありがとう!!



さて、このような計算問題

「同じような問題を何度も何度もやって、意味あるの?」

そんな声が聞こえてくるかもしれません。




ものすごく大事です。






例えば、
今小学生のみんなは、卒業すると、中学生になります。

中学校で習う数学は、今の算数より難しく、
また授業の進むスピードがぐっと早くなります。


そんな時、
かけ算の問題1問に

30秒かかるA君
2秒で終わるB君。


どちらが授業についていけそうですか。






もちろん、B君ですよね。



計算はやればやるだけ
速く解けるようになっていきます。


それだけじゃありません。
やればやるだけ正確に解けるようになっていきます。





例えば、
算数の難しい文章問題が出てきたとしましょう。


「う~ん」
文章をよく読んで、考えた。



「よし!」
式はたてられた。



あとは計算するだけだ。





結果、計算ミスで間違い・・・





こんな悔しいことはないですよね。





頑張って考えたなら、やっぱり正解して、○が欲しい。
単純で、地道に、努力したことが、後々の喜びに繋がるのです。

フラップスの生徒さんにとって
今、授業で出しているBCプリントも同じです。
「めんどくさい」と投げ出さず、
コツコツ、しっかりやっていきましょう!!





FLAPS、次のイベントは、中学生向けイベント
おなじみ合格プランニング、略して「Goプラ」です。


12/7(土)1600~の回と、1900~の回を用意しています。

今回のテーマは「自己分析」です。

3生のみなさん、受験まで3か月を切りました。
一般入試では、書類とテストだけですが、
推薦入試を受ける方は、面接を受けなければいけません。


では、面接でどんなことを聞かれるかというと、

「あなたは、中学生活3年間で何を学びましたか。」
「あなたは、部活動を通じて、何を学びましたか。」




どうですか?
いきなり即答するには、少し難しいかと思います。

しっかり答えるためには、「準備」が必要です。
それが、「自己分析」なのです。




自分は、

何が好きなのか
何が大切なのか
何を学んできたのか
何が嫌なのか
何を求めているのか
何になりたいのか
何になりたくないのか


自分のことって知っているようで、案外知らないものです。

当日は、講師による「面接のお手本」も見せます。
ぜひ、参考にして下さい。






「自己分析」は受験の面接のためだけじゃありません。



「自己分析」をすることで、自分を知り、
今頑張っていることは何に繋がるのか。
今学んでいることは何に繋がるのか・・・

1人では気付けなかったことや知らなかったことも知ってほしい。
そんな機会にしてほしいと願っています。




参加無料です。
FLAPSに通っているみんなだけではなく、お友達なども参加できます。
ぜひお電話下さい。



お待ちしております!!


長文、失礼しました。